みんながブログをやっているので私も取りあえずブログを始めるか、と言うブログ。

  大津枯太の取りあえずブログのナビゲーター   トップページ > 登山  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山でも遭難する

2009 - 07/23 [Thu]

富士登山で19日から行方不明だった二人のうちの一名のアメリカ人が心肺停止で見つかったようだけど、比較的安全と思われる富士山でも気をつけないといけないね。

私が富士山に登ったのは去年だった。しんどかったな。登山で無理をしたらだめだね。先週は北海道大雪山系トムラウシ山(2141メートル)の遭難事故もあったし登山には的確な状況判断が必要だ。

もう一人も見つかると良いね。生きて見つかって欲しいね。

やすさん、今年も行くとか言っていたけど、今年は道間違えないように。下手をすると遭難するよ。
_

スポンサーサイト

富士山トイレ事情

2008 - 08/25 [Mon]

富士登山案内では、水に流せるトイレットペーパーを用意しておいたほうがいい、って書いてあるのを目にした。山屋さん(登山ショップ)でも芯が無い小型トイレットペーパーを売っていたので、トイレットペーパーを持っていったほうがいいかなぁと考えて、結局、水に溶けるティッシュペーパーを何個か持参した。

実際はどうだったのか?

意外とちゃんとした普通のトイレだった。山小屋によってはバイオトイレとかあったようだけど、使う分には一般の、地方の下水道が完備していない地域の水洗じゃないタイプのトイレって言う感じだった。簡易水洗トイレになっている山小屋もあったようだ。微生物を用いて汚物を分解するタイプのトイレはトイレットペーパーの処理の仕方が違う (仕分けが必要?) ようだけど、今回はそういうトイレには入らなかったので分からない。

でもどこも、トイレットペーパーはちゃんと備え付けられていたので、今の時代はわざわざトイレットペーパーを持っていく必要は無いようだ。

昔のトイレ事情は問題が色々あったのでしょうね。ただし、これは河口湖口登山道にある山小屋のトイレに関してです。他の登山道ではどうか分かりません。

また、山小屋のトイレを使うには100円のドネイション (寄付金) が必要です。大抵のトイレの入り口付近に木箱の貯金箱のような感じで寄付金入れが置いてあるので、ここに100円玉を入れます。

他の人の様子を見ていたら、お金を入れずに使っている不届き者もいました。頂上のトイレは200円でした。ここは不届き者拒否のためか、入り口に係りの人がいてこの人に200円を渡して中に入ります。

あ、手洗い用の水は無かったな。

-- 追記 --

読み返して思ったけど、今回私はトイレットペーパーが無いトイレには入らなかった。が、入ったトイレは5合目にあるレンストランとか、山小屋の付帯施設のトイレに入った。という事で、それらのトイレは常に管理がされていたので、トイレットペーパーが備えられていないという事態に遭遇しなかったのかもしれない。

富士山にはそういうトイレのほか、所謂公衆トイレのようなトイレもある。そういうトイレに入った時はトイレットペーパーを持参していないと困る事態に遭遇するかもしれない。

富士登山で携帯電話は使えるか?

2008 - 08/22 [Fri]

さて、暫くは、富士登山の裏側と云うか市販されている情報誌とかではあまりお目にかからない富士登山にまつわるベタな情報を書いていこうと思います。

まずは携帯電話から。

私はau by KDDI (auかKDDIかどっちか決めてくれ / CI してよ) の携帯電話を持っていきました。

富士山登山中使うことができました。ただし、アンテナ表示1本から2本でした。たまたま八合目にいた時にH市の人から電話が掛かってきましたが、通話できたものの、途切れ途切れの感じでした。

au by KDDI の場合は五合目から山頂まで、まあ、何とか使えるという所。ドコモの方が感度良さそうでした。Softbankは持っている人がいなかったので、使えるかどうかは分かりません。

ただし、なぜか電池の消耗がものすごく激しい。
私は前日に満充電して持っていったのですが、同行者のやすさん、モトさんと数回連絡に使って八合目の山小屋に着いた時は電池切れ直前でした。山小屋の中では携帯使用禁止だったし電池消耗回避とその通話声迷惑回避の為電源を切っていました。

山小屋には有料携帯電話用充電器が置いてあったので、それで充電しようと思いましたが、残念な事にその有料充電器は壊れていて使えませんでした。また、山小屋は宿泊客が使える100Vコンセントは無いので、結局携帯の充電はできませんでした。

一緒に登ったモトさんも、au by KDDI の携帯を2台も持参していたのですが、その2台とも山小屋で休んだ後は電池が完全消耗して彼は以降2台とも携帯を使うことが出来なかったようです。私は電源を切っていたので、下山時に少し使うことが出来ました。それでやすさんと連絡が取れたからね。このとき電源を切っていなかったらその後連絡が難しかったかもしれません。

まあ、でも、念のために緊急用外部電池 (すぐ使えなくなる006Pの電池だけど) は持参していたので緊急連絡は可能でした。万が一の事考えた時にはこういう予備の携帯用外部電池を持っていくことをお勧め致します。

でも、どうして富士山ではau by KDDI の携帯電話の電池の消耗が激しいのでしょうか? 理由は2つ考えられます。ひとつは気温が低い事。もうひとつは電波状態が良くないので、携帯電話が基地局と通話網確保の為に頻繁に交信(*1)しているからではないでしょうか?

(*1):使用者が通話していない時でも、携帯の電源がONになっているときは通信網確保の為に携帯電話自身が基地局と通話ライン確保の交信をしている。電波が届きにくいところにかぎって通話確保の交信が多いような感じ。あと、GPSの為に携帯が交信しているだろうね。おそらく、これらのセルフ交信が電池を早く消耗させていると思われる。

富士山登頂成功

2008 - 08/18 [Mon]

16日17日に掛けて富士山に登ってきました。昨年登ったときは九合目手前で下りて来てしまいましたが、今年は山頂まで登ることが出来ました。御来光も拝めました。\(^^)/

天候も比較的良かったです。当日の朝にも天気図を見ていたのですが、低気圧があって17日に渡って前線も富士山を通過する予想でした。なので、雨の中を登る覚悟で、御来光もあきらめていたのですが、その予想に反して登山中は雲の中を歩いたりはしましたが、ほとんど晴天で、御来光も雲の隙間から拝めました。雲もまったく無い青空じゃなかった事もかえって幸いです。直射日光の直撃を受けながら登らずに済んだからです。

しかし、苛酷でした。富士登山はある種の肉体耐久テストのような感じです。完全なデスクワークになって25年を過ぎてその間普段ほとんど身体を動かしていないので、使っていない筋肉が富士登山で悲鳴を上げました。

帰りに新幹線の駅の階段を下るときは、手摺を持たずには下りられませんって言うくらい左足の膝の関節の筋が痛くなっていました。なので、今朝起きたら足が痛くて階段を下りられないだろうなって思っていましたが、足は痛くなくなっていました。最近は少し歩行練習をしていたからでしょうか?その代わり右手をつくと上腕三頭筋が痛い。なぜか?おそらくステックを使って身体を支えていたせいだと思います。

なにはともあれ、富士山の頂上まで行けたことはうれしい。

御来光 来たよ
御来光01

御来光 出ました
御来光02

登頂記念
登頂

持ち物全て購入した

2008 - 08/11 [Mon]

昨日はスパッツ(ゲートル)をとうとう買いました、また別な大型スポーツ店に行ったら売っていたので、とうとう買いました。最初に行った大型スポーツ店のほうが500円程度安いのがあったけど、そちらに移動する時間もガソリン代ももったいないので、もうここで買いました。値段は2,980円ほとんど三千円です。

雨の時の事を考えてザックカバーも買いました。あと、防水スプレー、高酸素水も買った。高酸素水は出始めの頃はコンビニでも複数のメーカの製品を売っていたけど、いまはコンビニでは売っていないねぇ。なので、大型スーパーに行って"有酸素生活"っていう名前の高濃度酸素水を500mlのペットボトルで4本買いました。うたい文句に"普通の水の30倍の酸素濃度"って書いてある。効果あるかな?

大型スポーツ店には食べる酸素っていうものを売っていたけど、酸素を固形にできる?わけ分からん?

これで登山用品は全部揃ったかな?軍手は庭掃除用のやつがあるので、それに防水スプレーを掛けて使おうと思っている。あ、そうそう、防水スプレー、一本でいいのに、二本一組になっていて二本ずつしか買えない。これ酷い売りかただなぁ。こんなところで買うか!って思ったけど、さっきも書いたように移動する時間とガソリン代がもったいないので、これも仕方なしに二本買いました。

富士山登頂一回しか行かないつもりなんだけど、買い物いっぱいしてしまった。

 | HOME |  »

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2 ブログ

算数力トレーナー

お花の通販

-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。