みんながブログをやっているので私も取りあえずブログを始めるか、と言うブログ。

  大津枯太の取りあえずブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 > 映画 バベル  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 バベル

2011 - 02/12 [Sat]

最近休みの日はブログも休みがちだ。

バベルを借りて観た。2006年カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、監督賞を受賞。ゴールデングローブ賞では 作品賞 (ドラマ部門)受賞。菊地凛子が米映画批評会議賞新人女優賞を受賞した作品。

感想は、どこが良いかよく分からない映画。

関連なさそうな遠く離れた人々が、ある事件で繋がっていくと言うストーリー展開自身は面白いといえば面白いが、出てくる登場人物の描き方が面白く無い。出てくる人物像がステレオタイプばかりだからだ。

メキシカンと言えば、どういう人物を想像するか?アメリカのそこそこの裕福家庭が何か問題を抱えているとどんな生活になるか?いまどきの東京の女子高生はどんな生活態度だろうか?

そんな人物をステレオタイプで描いてみました。と言う人物が登場する映画。

作品名: バベル/Babel
監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
製作: スティーヴ・ゴリン、ジョン・キリク
脚本: ギレルモ・アリアガ
出演者:
ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、
役所広司、菊地凛子
_

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kareta.blog43.fc2.com/tb.php/1084-fbb2903e

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2 ブログ

算数力トレーナー

お花の通販

-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。