みんながブログをやっているので私も取りあえずブログを始めるか、と言うブログ。

  大津枯太の取りあえずブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 世界 > ニュージーランドの地震  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランドの地震

2011 - 02/23 [Wed]

オーストラリアは地震が起きないけど、ニュージーランドは地形が日本とよく似ていて地震がいつ起きても不思議ではない国。

なので、何度か今までもクライストチャーチでは地震の被害にあっていたが、死者は出ていなかった。

22日に起きた今回の地震は震源が直下に近かったので、被害が大きくなったようだ。

日本でもいつ地震が起きてもおかしくないと言われている地域がある。でも、たまたま、被害が大きい場所に居たときにはどうすればいいのだろう?

人間の運命は偶然に支配されている。

たまたまそこに居たばかりに被害にあう。

前にも書いたけど、早く自衛隊は国際災害救助隊に衣替えして被災地に即対応できるようにして欲しいな。ロボットスーツも戦争用ではなくて、こんな時に瓦礫を取り除く目的で早期実用化が望まれる。

TVニュースで見たけど、蟹の様な2つのハサミを持った重機が日本では既に実用化できているようだ。これは瓦礫除去に期待できる。

けれど、それをニュージランドに運ぶには通常の飛行機では重すぎて運べないそうで、船で運ぶしか無いという。船で運んでいては時間がかかりすぎる。

これを運べる飛行機開発して国際災害救助隊で配備すればいいのにね。以前、何やらカーゴっていう大きい物を運搬する目的の飛行機を見たことがあるが、あれなら運べると思うのだけどなぁ。

重量が対応できないのかなぁ?重量が対応していたらあれをチャーターして運べそうな気がする。戦争加担ではなくてこういう時こそ国際貢献ができると思うのだが。

追記:

youtubeに動画がありました。
双腕重機って言うみたいですね。



バラして部品を何機かの飛行機で分散して送ってクライストチャーチで組み立てる方法で送れないのだろうか?
ニュージランドには運送便が毎日何便か飛んでいると思うのだが。
で、帰りは船で帰ると。

瓦礫の撤去は生身の人間では無理だと思う。
_

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kareta.blog43.fc2.com/tb.php/1095-b2486576

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2 ブログ

算数力トレーナー

お花の通販

-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。