みんながブログをやっているので私も取りあえずブログを始めるか、と言うブログ。

  大津枯太の取りあえずブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 社会 > 大手新聞やキー局のTV放送は偏向している  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大手新聞やキー局のTV放送は偏向している

2013 - 05/30 [Thu]

現在、私は日常のTV放送を観ないし、紙の新聞は読まない。

昔は、家に居ればTVの電源は点けっ放しで流し観をしていたけれど、今はそういう事はしない。だいたい、デジタルTV放送が観れるTVを持っていないのだ。新聞も取っていない。

で、もっぱらニュースはインターネットから得ている。すると、それまで見えていなかった事が見えるようになった。一つ分かった事は、大手メディアが発信しているニュースは非常に偏っていると言う事。

例えば、TPPに入れば日本市場が主に米国グローバル企業に食い物にされるのに、その事を正しく伝える事をしていない。特に問題なのは、SDI 条項で、日本の法律よりも、企業の利益が優先される事。TPPが問題なのは、関税ではないし、農業問題ではない。TPPの本質は、米国の企業利益が何よりも優先される事が問題なのにそれを正しく日本国民に伝えない大手メディア。

原発の継続は未来まで放射能汚染を拡大するし、取り返しの出来ない事故がまた起きる可能性を大手メディアは伝えない。既に福島では取り返しの出来ない東電福島第一原発事故が継続中で現時点でも放射能を撒き散らしているにもかかわらずそのニュースのプライオリティは低い。

福島原発の事故を収束することが出来ないレベルの原発技術しか持っていない日本が、他国へ原発を輸出する事を大手メディアは評価している。これで輸出先の国で原発事故を起こしたらその事故の収束は誰が行うのだ?

消費税増税は必要である。との論評で消費税増税を肯定的に記事にしておいて、新聞には「軽減税率」制度を導入して税金を逃れようとする新聞社。

近く参議院選挙があるが、上記 TPP不参加、脱原発、消費税増税凍結、が現在の重要課題であるにもかかわらず、「憲法96条の改定」から始まる憲法改正と言う権力者を縛る為の憲法を骨抜きにしようとする話題を取り上げ、重要課題から目をそらしている大手メディアは信用するに足りないメディアだ。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kareta.blog43.fc2.com/tb.php/1171-7e80cbdf

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2 ブログ

算数力トレーナー

お花の通販

-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。