みんながブログをやっているので私も取りあえずブログを始めるか、と言うブログ。

  大津枯太の取りあえずブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 映画 > 4DXで映画を観た。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4DXで映画を観た。

2013 - 06/30 [Sun]

最近の私の唯一の娯楽は映画。ほんとは音楽をやりたいのだけど、残念ながらやれる状況ではない。と云う事で、映画を観てきた。

今日は、3D のその先の体感型 4D (請け売り) の映画だ。3D はメガネを掛けて映像を3次元感覚で観るものだが、4DX は、それに動きをプラスし、更に、香りや水や煙まで実際に体感させてしまう。
"3D" に動きをプラスして、"4D" で、更に香りなど加わっているのでそれが "X" と言う事かな?
"4DX" のホームページはこちら

で、4DXで観た映画は、「G.I.ジョー バック2リベンジ」。

椅子がグリグリ動いて面白い。この椅子の感覚は、船に乗っている映像とよく合う。映画の画面で船が水しぶきを上げると本物の水しぶきが顔に掛かる。どうやら前の座席の椅子の後ろから水が霧吹きの様な感じで吹き出てくるようだ。画面によっては風も吹いてくる。今回は香りは特に感じなかった。泡(シャボン玉?)も出なかった。泡が出るような映画はかなり特殊じゃ無いかなぁ?爆発の場面ではスクリーンの左右で実際の煙が立ち上っていた。

要はディズニーランドやユニバーサルスタジオ等のアトラクションみたいな感じだな。

これで、ブログの話題を終えると、肝心の映画の感想は?って突っ込みが入りそうなので、映画の中身もちょっと書いておく。

まあ、どうだろ、可もなく不可もない映画かな?強いて言えば 4DX 向きの映画。G.I.ジョーの最初からの繋がりがあるので、前編を観ていないと背景が分かり難いかも知れない。しかし観ていても配役が少し変わっているようでそういう意味では前編を観ていなくてもある意味問題はなさそう。

その配役に違和感があったのは、ブルース・ウィリスが初代G.I.ジョー役で出て来た事。彼自身の存在感はあるのだが、役どころとしては勿体ない配役だったような気がする。劇中中盤から突然事件に巻き込まれるんだよね。突然事件に巻き込まれるのはブルース・ウィリスお得意のパターンではあるけど、彼には物語の最初から出てきて欲しかったな。

4DX向きのシーンが多かったが、後半で戦車の戦闘シーンがある。何であそこに戦車があるのか分からない。そこに必然性を感じなかった。忍者が活躍?するにしては日本人の俳優が全然出てこない。スネークアイズも日系じゃないみたいだし。日本人の俳優を起用して欲しかったな。

映画の最後は事件解決で、残った者は笑顔で終わっているんだけど、粉々に爆破されたロンドンはどうなっとるんじゃ~!と思った。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kareta.blog43.fc2.com/tb.php/1173-0c80db12

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2 ブログ

算数力トレーナー

お花の通販

-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。