みんながブログをやっているので私も取りあえずブログを始めるか、と言うブログ。

  大津枯太の取りあえずブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 起業 > 為替損失  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

為替損失

2008 - 08/05 [Tue]

実は昨日送金した2件のうち1件は送金できませんでした。送金できない理由は銀行支店名とSWIFT CODE(*1)が一致しないからという事です。

送金できないと言う連絡が銀行から入ったのが夕方で、それを受けて、取引先に電話を掛けたけどもう操業時間が過ぎていたのか、留守電が出て話が出来ませんでした。しかも、留守電も中国語なので、何を言っているのかさっぱり分かりません。あーぁ、中国語の勉強必要だなぁ。

で、メールで問い合わせしたのですが、返事が来るまでに送金締め切り時間が過ぎるので、昨日はそこに送金する事は止めました。

で、今朝確認が取れて、件のデータは一致しなくてもお金を受け取ることは出来ると先方から連絡が入ったので、その旨を銀行に説明して、再び書類を書いて、本日送金手続きを行いました。今日の手続きは最初から昨日対応してくれた人に頼んだので、まあ、昨日の今日で2回目ですし、スムースに出来ました。

が、昨日と今日とでは為替のレートが違います。なんと昨日より円安になってしまったではないですか! と言うことで、為替損失が出てしまいました。憎っくき為替!

まあ、送金金額がそんなに大きくなかったのと、為替変動も50銭程度だったので、損失は500円程度だったのですが、これが大きく円安になっていたり、送金金額ももっと大きいと損失は更に大きな金額になっていたでしょう。

為替の変動は貿易に対して凄いリスクを負いますね。送金手続き金額が少ないところを一生懸命に探しても、その間に為替差分が大きく変動すると手続き金額なんて相対的に吹っ飛ぶ可能性もあります。海外送金するときは為替の動向も知っておかなきゃなりません。

(*1)SWIFT CODEとは世界でユニーク(ひとつのみ)な銀行コードの事。

件の理由:一致しなかったのは送る銀行支店(書面に書いた支店名)に外国為替の処理機能がないので、外国為替を扱っている支店のSWIFT CODEを書いた為で、送金するとSWIFT CODEを書いた支店から書面の支店にお金が転送されると言う話だった。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kareta.blog43.fc2.com/tb.php/162-62b45984

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2 ブログ

算数力トレーナー

お花の通販

-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。