みんながブログをやっているので私も取りあえずブログを始めるか、と言うブログ。

  大津枯太の取りあえずブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > 教員採用汚職事件での処遇  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教員採用汚職事件での処遇

2008 - 09/10 [Wed]

大分県で今年2008年に新人教員として採用された教師21人が不正に合格したとして採用取り消しになった。一見理にかなっているけど、もう少し柔軟に対応できなかったのだろうか?

口添えしてもらって教師になった人はこの21人に限らず全国にも過去にも沢山いると思う。現に07年にも確実にそのように教師になった人がいることは分かっている。ただ特定できないだけだ。こういうことは大分県教育委員会に限らず全国でも悪習としてやられているとも言われている。まあ、言い方を代えれば、縁故で入社(教員採用)みたいなものではないか?

不正はいけない。裏金を渡した人も受け取った人もちゃんと処分されてしかるべきだ。悪習は無くして行くべき。公立ならば縁故も排除すべきだ。しかし、今回の駒となった新人教師への処分はもっと寛大にできなかったものか?彼ら新人教師は自ら不正を行って採用されてはいないはず。

彼らは本人の実力で晴れて教師になったと思っていたはず。先生として働いて半年経って突然、採用取り消しといわれても、俄かには納得できないだろう。

だいたい、ペーパーテストの成績が良いだけが教師に適しているとも言いがたい。ペーパーテストの成績が多少悪くても教師としての資質があれば、教師として採用されても良いのではないか?実際、教師採用ペーパーテストで落ちても臨時教員として採用されてその後正式な教師になっている人もいる。実態として教師採用は割と柔軟に行われているはず。サラリーマンが公立中学校の校長になったり、漫才師が大学の教授になっていたりする時代だ。

縁あって、あんまりほめられた縁ではないけれど、一旦教師として採用されたら、教師採用発表直後ならともかく、半年も教師として働かさせた実績があるのに、突然の採用取り消しだけは避けてほしかった処遇だ。ソフトランディングできなかったのだろうか?

初コメかな?

私も一斉取り消しには疑問を感じました。
縁故採用は彼らだけではないのです。
市役所なんかも多いし、企業でも。。
半年間の業務実績を考慮して、向いてない人だけ取り消しとか方法がなかったかと思います。

ちなみに私も初就職の時は縁故採用でした^^;

じゅんコメ ありがとうございます。

ですよね?
体育0点で合格の人の取り消しは仕方がないとしても、裏金無しに大学の教授がたんに合不問い合わせしただけの受験生も取り消しはやりすぎだよね。

この縁故採用は今回明らかになった担当者が2002年からやっていると言っているので、少なくとも、毎年20人と仮定すると、既に140名(今回入れて)は縁故で教員になっているはず。その前の担当者もやっていたというから実際はもっと多いはず。

来年からは縁故禁止にしてももう働いている人を取り消しは酷い。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kareta.blog43.fc2.com/tb.php/187-c5d79d6a

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2 ブログ

算数力トレーナー

お花の通販

-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。