みんながブログをやっているので私も取りあえずブログを始めるか、と言うブログ。

  大津枯太の取りあえずブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > TV:ブラッディ・マンデイ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TV:ブラッディ・マンデイ

2008 - 10/19 [Sun]

土曜日のTV番組なんだけど、TVをたまたま点けたらドラマをやっていたので、観てしまった。これはTBS製作だ。

で、観てたんだけど、これパクリじゃないのかなぁ?て感じた。パクリ度はこのブログで"似てる曲"って記事を書いているけど、これのドラマ版みたいな感じだ。

ジャック・バウアーこそ出てこないけど、"24 / TWENTY FOUR"に非常によく似てる。24 のシーズン3はテロリストに生物兵器の病原菌を撒き散らされる設定なのだけど、この中のエピソードと非常に良く似ている。

ブラッディ・マンデイで、基軸となる組織は、警察庁の秘密部隊「サードアイ」と呼ばれる組織なんだけど、これが24のCTUとイメージがそっくり。「サードアイ」で、掛かってくる電話の呼び出し音もCTUの呼び出し音と非常に似ている。これが、まったく同じじゃなくて厳密にはちょっと違うって言うところが、"似てる曲"の"似てる度"に迫る。

サードアイの部署の造りもCTUの内部と似ている。室内に階段で上がると部署内が見渡せるガラス張りの上司の部屋がCTU内にあるのだけど、サードアイの室内にも同じように階段で登るガラス張りの部屋がある。なにこれ?同じじゃん、って思った。

CTUにも部署内に内密者スパイが潜んでいたんだけど、サードアイの内部にもスパイがいる様子。

ブラッディ・マンデイの主役は「ファルコン」と呼ばれる高校生の天才ハッカー 高木藤丸と言う設定で、このハッカーを中心に物語が進んでいくんだけど、物語のエピソードが24の借用に見えて仕方が無い。しかもつくりが雑。

これは原作が真似したのか、脚本で似たのか、演出にアイデアが無いのかのどれかだな。
サードアイより上部組織で重要課題を議論する会議場面は「踊る大捜査線」の会議と似ている。この場面もブラッディ・マンデイの製作スタッフのアイデア不足を物語る。


原作:「ブラッディ・マンデイ」龍門諒×恵広史(講談社「週刊少年マガジン」連載)
脚本:蒔田光治
演出:平野俊一ほか
出演:三浦春馬 吉瀬美智子 佐藤健 松重豊 片瀬那奈
、、:芦名星 藤井美菜 川島海荷 徳永えり 嶋田久作
、、:成宮寛貴 田中哲司 吉沢悠ほか
プロデューサー: 蒔田光治ほか

韓国は日本のドラマを真似る。
日本はアメリカのドラマを真似る。
そして、アメリカはコッソリと日本のアニメをパクる。
骨太のドラマが少ないわけです。困ったもんだ。

オリジナルで勝負

susaさんこんばんは。まだ落ち着かないのでしょうか?

いまは海外の作品もわりと簡単に観る事が出来るようになっているので、真似したらバレますよね?

創り手は、オリジナルで勝負して欲しいですね。創り手は何のために表現するチャンスを貰っているんだか。自分を表現するチャンスをみすみす放棄しているようなものですからね。

どっかで

日本版24って出演者が言ってましたよ!

確信犯?

FOX に使用料払っているんでしょうかね?

--
ゆりchan、今回は風邪治るの時間が掛かったみたいだね。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kareta.blog43.fc2.com/tb.php/226-667c6c3c

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2 ブログ

算数力トレーナー

お花の通販

-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。