みんながブログをやっているので私も取りあえずブログを始めるか、と言うブログ。

  大津枯太の取りあえずブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> テクノロジー > 九十九電機が潰れる?!  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九十九電機が潰れる?!

2008 - 11/03 [Mon]

東京・秋葉原、名古屋・大須などでパソコンショップを展開する「九十九電機」が、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。(2008年10月30日)

非常に残念。ここ最近老舗のパソコンショップが縮小したり、大手に吸収されたり、倒産してしまう事などが続いている。九十九電機もまだ営業は続けているが、この先復活できるのであろうか?がんばって欲しいな。

インテルが1974年4月に8080という8ビットマイクロプロセッサ ( *1: CPU = Central Processing Unit ) を世に出した頃からそのCPUを半田付けして文字通り手作りのコンピュータを作ったり、組み立てキットでコンピュータを作る事がマニアの間で盛んに行われるようになった。

キットの有名どころはNECのTK-80 (1976年発売) これが売れてヒットした。TK-80は基板むき出しのマイコンボードだった。私もモトローラのMC6802を部品で買って来て半田付けしてマイコンを作った。

そういう背景の中、完成品のコンピュータで、日立製作所がベーシックマスターを1978年10月に新発売、NECがPC-8001を1979年9月28日に新発売した。自作やキットを組み立てたコンピュータはマイクロコンピュータ、略してマイコンと呼んでいたが、NECは完成品をパーソナルコンピュータ、略してパソコンと言う名称で売り出した。

さて、その当時、マイコンやパソコンはどこで買ったら良いのやら? 当時は半導体やコンデンサ、抵抗などの部品を売るパーツショップはあったし、テレビなどを売る電気店はあったが、パソコンショップは無かった。

もっとも、パソコンと言う概念の商品がそれまで世の中になかったから売る店も無かったんだけどね。そういう状況の中でパソコンを売る店を出してきた中に九十九電機があった。

まあ、要するに九十九電機はパソコンショップの老舗と言う事だ。その老舗のパソコンショップが民事再生法の適用を申請すると言う事は非常に残念である。

---
*1: Microprocessor またはMicro Processing Unit (MPU) と言うか Central Processing Unit (CPU) と言うかはそのチップを作ったメーカによって呼び方が二通り出来たが、同じ機能のものを指す。モトローラ系をMPUと呼んでインテル系をCPUと呼んでいた筈。

うん

なんかねぇー。
三越とかもだけど、どんどん閉めてっちゃうでしょぉー。
なんか簡単だよなぁーと思う。

やめる事は簡単

そう、ゆりちゃんの言うとおり。
やめる事は簡単だけど、続ける事は難しい。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kareta.blog43.fc2.com/tb.php/243-5ea33bf0

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2 ブログ

算数力トレーナー

お花の通販

-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。