みんながブログをやっているので私も取りあえずブログを始めるか、と言うブログ。

  大津枯太の取りあえずブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 起業 > やっと届いた  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと届いた

2008 - 12/13 [Sat]

中国からの輸入品が本日やっと届いた。

しかし、今回は手間取ったなぁ。結果的にちょっと数量と重さがあったので、運送に色々障壁が出来てすんなり輸送できなかった。と言う事なんだけど、その原因はハッキリしない。

今まで大した輸入はしていないけど、少しは部品の輸入をしている。輸出入に関わる諸々の処理をまだちゃんと把握していないので、運送は世界的規模の某米国国際運送会社を使っていた。ここは国際間をドアツードアで物を運搬してくれる。関税処理も自社内でやることが出来るので、簡便に使える。

そこで、今回も中国からこの運送会社を使って運送してもらおうと思ったのだけど、取引業者の中国工場担当者は、「100kg以上は一度に送る事ができない、と某米国国際運送会社中国支社の担当者が言っている」と、米国から連絡が入り、すったもんだして、ようやく物が本日着いたと言うわけ。

結局、運送は中国工場が推奨している中国の運送会社で送ってもらった。が、運送範囲は日本の空港までで、それ以降は日本側で処理してくれ、と言う事だった。え"!そんな輸入初心者に処理なんて出来ないよ。当初、空港まで受け取りに行ってくれ、それも大阪国際空港、ってなことを言われてあせった。

こういう場合は、空港で荷物の受け取りと関税処理を専門に行う業者に依頼すれば良いそうで、処理後国内運送会社で事務所まで送る手配をすればいい。が、突然だったので、そんな業者は知らない。

結局それらの処理もまとめて中国の運送会社の方で手配してもらうようにして届いた。実際には、大阪ではないもう少し近場の国際空港まで飛行機で運んでもらって、その空港内で専門に関税処理している業者が関税処理をして、その業者のグループ運送業者が事務所まで物を運んでくれた。

書籍で輸出入の処理の方法を読むと複雑で訳がわからん。まあ、実践で勉強だな。習うより慣れろってな感じ。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kareta.blog43.fc2.com/tb.php/285-37b58e17

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2 ブログ

算数力トレーナー

お花の通販

-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。