みんながブログをやっているので私も取りあえずブログを始めるか、と言うブログ。

  大津枯太の取りあえずブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> インターネット > TV番組ネット配信控訴棄却  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TV番組ネット配信控訴棄却

2008 - 12/15 [Mon]

新しい概念は古い頭では咀嚼できない事がある。古い概念で新しいシステムを見たときは既存の既得権を脅かすと思う既得権者が潰しに掛かる嫌な世の中だ。

インターネットがこんなに生活に密着したインフラになるとは思わなかった。そういう思いはいろいろな分野の人が感じている事。特にメディアに関して新しいインフラとして確立されつつある。

新しいインフラには新しい概念があり、新しい概念には新しい商売も出来る。インターネットを通してテレビ番組を世界のどこにでも配信する新しい商売で、その正当性を勝ち取った控訴審があった。

「インターネット回線を通じてテレビ番組を海外などでも見られるようにするサービスが著作権法に反するかどうかが争われた訴訟の判決で、知財高裁(石原直樹裁判長)は15日、サービスの差し止めなどを求めたNHKと民放5社の控訴を棄却した。」(www.asahi.com 2008/12/15)

株式会社永野商店が新商売として立ち上げたシステムにNHKや民放5社がよってたかって潰そうとしたが、潰されなかった。すばらしい。

実は似た様な商売をもっと早くに立ち上げて敗訴した事例がある。そのときはシステムを、商売を立ち上げた企業が自前で作っていた、それと確か録画機能もあったので、番組を勝手にコピーして不特定多数の人に提供したと言う事で敗訴してしまった。実は今回とやっている事は技術的にはそんなに変わらないんだけどね。

今回は何が違うか? それは既存のソニーのロケーションフリー(*1)と言う製品を個人で購入して、"まねきTV"(=今回の商売の名称)に預かって貰う。つまりTV番組を送信する自分のロケーションフリーが自宅に置いてあるか、まねきTVの屋内に置いてあるかの違いだけで、TV番組配信で受信するのはそのロケーションフリーシステムを持っている個人だけしか見られない。つまり不特定多数に配信しているのではない。また、"まねきTV"は単に個人のロケーションフリーを預かっているだけ。と言うところがポイントだ。

しかし、新しい概念の商売を始める事は障壁が多いですな。でも勝ち取れると大きい。

--
(*1)
ところで、ソニーのロケーションフリーって何?
イメージ的にはワイヤレスシステムで、送信機側にTVチューナーが付いていて、受信機側にパソコンが繋がる。なので、TVチューナーで受けたTV番組を無線でパソコンに飛ばす事ができる。でさらに、そのワイヤレスの通信部分をインターネットに置き換える事ができる。

つまり、インターネットなので、送信機を自宅に置いてインターネットに繋ぎ、受信機を例えば出張中の米国とかでインターネットに繋げば、日本の自宅で受信しているTV番組が米国の出張先で見られると言う仕組みだ。このとき受信はインターネットに接続したパソコンで直接見ることが出来るので、専用の受信機は必要ない。

そこで、この送信機を"まねきTV"に預かって貰っているだけ、と言うのが今回の新商売。

あ、も一つ付け加えると、昨日書いたネット経由でインターフォンの映像が見られるのと技術的にはおんなじ仕組みだ。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kareta.blog43.fc2.com/tb.php/287-af7d7b23

 | HOME | 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2 ブログ

算数力トレーナー

お花の通販

-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。