みんながブログをやっているので私も取りあえずブログを始めるか、と言うブログ。

  大津枯太の取りあえずブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> PCソフト > 考えを整理するアプリ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考えを整理するアプリ

2009 - 03/02 [Mon]

サブタイトル:マインドマップ

発想とか着想、考えをまとめる為のツールが世の中に存在する。その中でも無料で使えるツールを紹介していこうと思う。

何か新しい開発とか論文をまとめるときにはどういう風に進めたら効率的であろうか? 私はそこには3つのステージがあると思う。

(1) 既に頭の中にある考えやアイデアをまとめるにはどうしたら効率的か?
(2) あるテーマを前にして漠然としている時に考る進め方は?
(3) まったく新しいものを考えつくための方法にはどんな手法があるか?

以上の3つに分けられると思う。

それでは、まずは、(1)の考えをまとめる為のツールから紹介しよう。既に頭の中に何をしなければならないかが分かっている時に使うと効率が上がると思うツールだ。

それは "マインドマップ" と呼ばれる。ロンドン出身のトニー・ブザン(Tony Buzan)さんがこの手法を本にして紹介している。

大本は以下のトニーさんが書いた "ザ・マインドマップ" と言う本だが、今では本人以外が書いたマインドマップの本が沢山発行されている。気が向いたら本屋さんに行ってそれらの本を立ち読みして買うかどうか考えよう。

ザ・マインドマップ (単行本) 出版社: ダイヤモンド社
トニー・ブザン (著), 神田 昌典 (翻訳), バリー・ブザン (著)

Mindmap.jpg

"マインドマップ" については詳しく解説しているwebページが沢山存在するので、私はそういう解説はしません。 "マインドマップ" でググルと沢山出てきますからその中でわかり易いwebページを見て使い方を会得して下さい。

この考え方自身は "マインドマップ" じゃ無くても昔からQC (=Quality Control)とかで取り上げられる"特性要因図"、所謂 "魚の骨"のような図を描く方法に似ていると思う。

しかしながら"マインドマップ"と言う思想でまとめ上げられたツールが存在する。と言う事が昔からある"魚の骨図"よりスマートで広まったひとつの理由だと思う。ツールはトニー・ブザンさんが関係する会社が販売している。

そして、その有料ツールと同じような機能を持った無料のツールも出てきた。ということで、その無料のツールの紹介をします。

実はマインドマップが描ける無料のツールは色々あるのですが、私のお薦めは FreeMind です。

FreeMind の使い方を解説しているページも色々あるので詳しくはそちらを参照して下さい。たとえば "FreeMind 活用クラブ" とか。

マインドマップを発想法のツールと解説していることもありますが、私はそうは思いません。これは頭の中にある考えをまとめる為のツールだと思います。

小学生に算数の文章問題を解かせるときに"図"に示して解説するとわかってもらえます。 このマインドマップもそれと同じように頭の中の考えを"図"にして表す。と言うところがポイントだと思います。

発想法についてはまた別記事で紹介します。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kareta.blog43.fc2.com/tb.php/365-d1be746f

 | HOME | 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2 ブログ

算数力トレーナー

お花の通販

-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。