みんながブログをやっているので私も取りあえずブログを始めるか、と言うブログ。

  大津枯太の取りあえずブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 社会 > 日本は親子を無理に引き離す国なのか?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は親子を無理に引き離す国なのか?

2009 - 03/13 [Fri]

フィリピン人カルデロン一家は、のり子さんを日本に残して両親はフィリピンに出国する事になった。なんか、もっと良い案が無かったのでしょうか?

確かにのり子さんの両親は不法滞在という法律違反を犯してはいますが、裏家業をしているわけでもないし、強盗とかの犯罪を犯しているわけではない。まじめに働いて生活しているだけだ。

正規に就労ビザが取れれば日本に滞在できるので、支援している人達によって保証を受ける事により在留特別許可を出せなかったのだろうか?

のり子さんは地元の中学に通っており、当然一家は日本に税金も納めているでしょう。15年間まじめに働いてきた実績もあるのにこの件では時効はないのかなぁ?

この一家の事例を許せば、不法滞在して子供を作れば日本に居られると思われては困ると言う事もわかるけど、こと人権に関しては色々な事情があるのだから個別案件で考えていかないといけないと思う。

カルデロンさん一家には2万筆に迫る署名も集まり、住んでいる蕨市の市議会も一家そろっての相当期間の在留などを求める意見書を採択しようとしていた。これらの応援が無意味だと言うことに脱力感を感じてしまう。

裁判では拒絶されているけど、人権の個別事案を鑑みて法務大臣の裁量で在留特別許可が出せる仕組みがあるのに森英介法相は許可を出さない。権限があるのに決断できない森英介法相、残念なことだと思う。

せめてのり子さんが18歳になるまで在留できなかったのか?ほとぼりが冷めたら、両親は正規の手続きを経て日本で就業できる事を願っています。

タダのオーバーステイではなく、偽造パスポートでの不法入国ですからね。どこの国でも送還が当たり前ですし。

税金は行政サービスの対価であって、それを以って滞在資格にはなりません。
日本は単純労働にはビザは降りません。それ許すと教育もなく言葉も不自由な外人が大挙して来ちゃって、国内の雇用や治安の悪化を招きますから。ということで、まじめに働いていてもアウトなんです。不法滞在は現在進行中なので時効はありません。

署名ですが、とるに当たってはこの一家の犯した罪の部分を説明していませんので、無意味だと思います。
蕨市議会の件は、市自体が外国人の力が強い地域なので、考慮に値するかどうか。

>両親は正規の手続きを経て日本で就業できる事を願っています。

無理だと思います。既に犯罪歴がありますので、入国までで、長期滞在・就業は不可能でしょう。彼らがあくまで滞在にこだわったのはその為でしょうし。

名前が欲しいな

とおりすがりさん、もう少し他者と区別できる名前、例えばweb上で通常使っている名前でご記入お願いします。

と> どこの国でも送還が当たり前ですし。

と言う認識は誤りです。 欧米諸国では出頭したり、一定期間を超えた違法滞在者に在留を認めています。また例えば、英国では7年以上の違法滞在者で子どもがいる場合は永住権も与えています。

税金の話を出したのはそれによって滞在資格があると言いたい為ではありません。生活する上で、彼らが滞在資格がある人と同じように、もっと言えば、日本人と同じように税金とかの義務を果たしてまじめに生活をしている。と言うことが言いたかったのです。

犯した罪と言いますが、この件に関してはどこまで深刻な罪か新聞報道程度では実際の事はわかりません。 例えば、泥棒でもコソ泥から大泥棒まであります。

彼らも偽造パスポートがどれだけの罪の意識で入国してきたか新聞等の情報だけでは詳細がわかりません。悪徳業者に騙されて入国してきたのかもしれません。アルカイダが偽装パスポートで入国するのとは質が違うでしょう。

しかし、そういう詳細を分かった上で応援している弁護士(お金にならないでしょう)や市議会、地域の住民がいると言う事実を見ることで、人道的に応援して良い人達であると思うのです。

将来の滞在許可については、法務大臣の裁量があります。次の内閣で法務大臣替わるかも知れないですしね。まったく不可能ではないと思います。将来欧米諸国のような法律に日本の法律が変わる可能性もありますしね。

単純労働がだめなら例(案)として、介護師やタガログ語の語学教師とかになれば受け入れ先さえあれば入国出来るでしょう。

再入国

少し調べました。

今の法律(平成16年12月改正) 出入国管理及び難民認定法(入管法)では、

入国管理局の摘発等により退去強制された者で過去に退去強制されたことや出国命令により出国したことがない者は退去の日から5年は上陸拒否される。

とされています。つまり5年経てばカルデロンのり子さんの両親も日本の受け入れ先さえ決まれば日本へ適法で再入国できます。

5年後観光で来て下さい。資格も何もないフィリピンのおっさんおばさんに長期滞在、就労ビザは出ません。

観光就労

japonさんこんばんは
観光したい方は観光で来れば良いし。
就労したい方は受け入れ側と相談して正規に入国すれば良いだけですね。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kareta.blog43.fc2.com/tb.php/376-ecfdfc14

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2 ブログ

算数力トレーナー

お花の通販

-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。