みんながブログをやっているので私も取りあえずブログを始めるか、と言うブログ。

  大津枯太の取りあえずブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 社会 > 子供を守ってやれない親  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供を守ってやれない親

2009 - 04/27 [Mon]

大阪市西淀川区で小学4年生の娘の遺体を遺棄したとして、母親らが逮捕された事件の詳細が報道されていますが、それらの記事を見ると彼女が可哀相過ぎて泣けてくる。

小学4年生と言えば自我が芽生え始める年頃。芽生え始めた自我と自己の狭間を訳が分からず反芻していたのではないか?自分は悪い子だと思わされていなかったか?

殴られてベランダに出されて「ごめんなさい」「ごめんなさい」って言う声が近所に聞こえていたそうだ。3月下旬から4月上旬では夜間は寒かったと思うのに、夜間も薄着でベランダで一人過ごさせられて、ご飯もまともに食べさせてもらえず、トイレにも行かせてもらえない。こんな仕打ちをされたら大人でも心が折れてしまう。

義理の父親の仕打ちがあったとしてもどうして実の母親は助けてやらなかったのか?両親が離婚して双子の妹が実父に行ってもお母さんが好きだと実母の元にいたのにその大好きなお母さんは助けてくれなかった。彼女の人生って何だったんだろうか?

最近は自分の子供を虐待する親の事件が目に付くようになったけど、どうしてそんなことをするのだろうか? 事態に気がついた周りの大人は子供を助ける事はできないのか?

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kareta.blog43.fc2.com/tb.php/421-1f8db061

 | HOME | 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2 ブログ

算数力トレーナー

お花の通販

-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。