みんながブログをやっているので私も取りあえずブログを始めるか、と言うブログ。

  大津枯太の取りあえずブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> テクノロジー > キンキンあるならキンカク眼鏡は?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キンキンあるならキンカク眼鏡は?

2009 - 11/18 [Wed]

近近眼鏡や中近、遠近眼鏡を作れるなら、近拡眼鏡も作れるのではないか?

最近の電子機器の基板はチップ部品が主流になっている。 チップ部品は米粒以下の大きさの部品とかもあるので、視力が良いとしても虫眼鏡が無いとチップ部品の半田付け状態とかがわからない。

そこで、そういう基板の状態を見る時は、老眼鏡の一番度が強い眼鏡を虫眼鏡代わりに掛けて見ている。

この眼鏡は基板を見ている時には細部が見れて良いのだが、視点が基板から離れると、目の前ぼけぼけ世界になって基板以外はまともに見えない世界になる。

なので、そういう基板に部品を半田付けしようとすると、眼鏡を掛けたり外したり、眼鏡をかけたままだと、上部の隙間から裸眼で覗いたりして非常に不便。

そこで、近近眼鏡のように眼鏡上部は手元30cm位が良く見える度数で、下部は度を極端に上げて虫眼鏡のように使うと言う眼鏡が出来そうな気がする。

という方法で近拡眼鏡が出来ると便利になるなぁ。 近近眼鏡を作るときに訊いてみよう。
_

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kareta.blog43.fc2.com/tb.php/631-a74cbf33

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2 ブログ

算数力トレーナー

お花の通販

-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。