みんながブログをやっているので私も取りあえずブログを始めるか、と言うブログ。

  大津枯太の取りあえずブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 社会 > 過激な動物保護団体  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過激な動物保護団体

2010 - 02/15 [Mon]

この世界的な不況の時期に、動物保護の名目で過激な行動を起こしている団体は、よくそんな資金があるなぁと変な感想を持ってしまう。どこかの金持ちが資金を提供してその騒ぎを楽しんでいるような気がする。

しかし、その過激さを越えてはいけない線を越えている団体がある。とうとう「シー・シェパード」が捕鯨船侵入を犯した。日本時間15日午前9時頃、南極海で米国の反捕鯨団体シー・シェパード(SS)のメンバー1人が、日本の調査捕鯨船団の第2昭南丸(712トン)に侵入した。

侵入はこれで2回目だけど日本政府は舐められているな。

大きな意味での動物保護は納得できるが、だからと言って他人に自己の動物保護の考えを暴力で説き伏せようとすることは許されない。

日本政府は毅然とした対応をとるべきだ。

世の中には牛や豚を食べない集団がいる。しかし、彼らは牛や豚を食べている集団に暴力で食べることを阻止しようとすることはしない。それが正しい姿じゃないか?

牛や豚が、鯨に対象が変わっても同じだ。

侵入したのは1月6日(日本時間)に第2昭南丸と衝突して大破した小型高速船アディ・ギル号(26トン)の船長で、衝突の責任は第2昭南丸にあるとして3億円を請求したそうだが、交通事故の当たり屋のような連中だな。

海の当たり屋は毅然とした対応をしないといけないが、ところで、日本も鯨の肉が本当に必要なのだろうか?必要なら牛や豚のように養殖とか出来ないのだろうか?クロマグロは養殖に成功しているんだよね、鯨も本当に必要なら養殖すれば良いのにな。小型の鯨なら養殖も不可能ではないと思うが、。
_

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kareta.blog43.fc2.com/tb.php/720-d4943073

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2 ブログ

算数力トレーナー

お花の通販

-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。