みんながブログをやっているので私も取りあえずブログを始めるか、と言うブログ。

  大津枯太の取りあえずブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 世界 > 五輪男子フィギュアスケート  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五輪男子フィギュアスケート

2010 - 02/19 [Fri]

何となくTVを見たら、映っていた五輪の男子フィギュアのフリー演技の最終グループを観てしまった。

女子フィギュアは、たまに観たけど、男子の演技をちゃんと観たのは初めて。

いつもはハイライトだけ観て、ジャンプで転んだ人が入賞したりしてコケたのに何で入賞したんだろう、と思っていたのだけど、全部を通してみると演技はジャンプだけじゃない事が分かった。

高橋大輔の踊りは良かった。参加者の中で一番良かったと思った。なにより曲に踊り(とは言わないかな、演技/表現)が合っている。演技を観てこの曲のこの部分はそういう意味か。と逆に曲が理解できた。その位曲と演技がぴったり合っていた。

他の選手の踊り(演技/表現)はつまらなかった。それを思うと、4回転ジャンプが決まっていたら銀以上取れたと思う。ちょっと残念でしたね。

この私の感覚は実際の判定とどう違うのか知りたくなった。それで、ジャッジの採点が知りたくなって、調べてみた。そしたら、私の感覚は実際のジャッジの判定(演技の方ね/技術は私では判定出来無い)と変わらないことが分かって、納得した。

1位:技術84.57/演技82.80:エバン・ライサチェク(米)
2位:技術82.71/演技82.80:エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)
3位:技術73.48/演技84.50:高橋大輔 (日)

Quad.Toeloopは基礎点は9.8なので、成功して10点取れたとしたら技術が83.48になるので、金になっていたな。惜しかったな。

五輪男子フィギュアスケート選手は熊川哲也さんに表現力を鍛えてもらうと良いと思った。

五輪の採点表はここで見ることが出来ます。
_

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kareta.blog43.fc2.com/tb.php/724-03d15974

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2 ブログ

算数力トレーナー

お花の通販

-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。