みんながブログをやっているので私も取りあえずブログを始めるか、と言うブログ。

  大津枯太の取りあえずブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > 高校無償化制度に於ける朝鮮学校  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校無償化制度に於ける朝鮮学校

2010 - 03/13 [Sat]

高校無償化制度に於ける朝鮮学校の除外問題は難しいね。

中井洽拉致問題担当相が、在日朝鮮人の生徒らが通う各地の朝鮮学校を対象から除外するよう、川端達夫文部科学相に要請していたことが分かった時は、坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、は無いでしょ。

と思ったが、冷静に考えて、日本に居ながら、北の特定の人物を崇拝する洗脳授業を行っている学校だとしたら、そこに補助することは洗脳を補助する事になるので、日本の国民の税金を使うことはおかしいね。

しかし、基本は日本の高校と同じレベルの授業を行っていて、母国のことも、教えている、と言うスタンスの高校だとしたら補助してもいいような気がする。彼らの親も日本に税金を納めているはずだしね。

仮に、日本人でも、海外の国に於いて高校相当の授業をする学校があり、母国日本に関する授業があったとしてもおかしくは無い。親はその国に税金を収めていたとしたら補助して欲しいと思うものだろう。

こういう補助の実体は海外ではどういう状況なんでしょう?

アメリカの実情は聞いたことがないけど、カナダや、フランス、オーストラリアでは大学まで公立は授業料無料だったと思う。その国にある海外子女向け学校へのその国からの補助ってどうなっているでしょうかね?
_

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kareta.blog43.fc2.com/tb.php/746-a09c35f0

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2 ブログ

算数力トレーナー

お花の通販

-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。