みんながブログをやっているので私も取りあえずブログを始めるか、と言うブログ。

  大津枯太の取りあえずブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 音楽 > セッションしました  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セッションしました

2010 - 05/09 [Sun]

友達の友達は自由人だった。

普通、セッションと言うと、ブルースコード進行等を巡回しながら、その上で、自由なフレーズを弾いたり、皆が知っていそうな曲をやるのだが、彼の場合その枠が無かった。

曰く、ブルースのコード進行とか定番のコード進行に沿って演奏するのは好きじゃないんだ。それより自分の感性から出てくる音を出して音楽を創りたいんだ、と言って演奏する。

なので、彼の自由にさせて演ってみたらなんだかよく分からないカオスな感じになった。あ、そうか!カオスミュージックか! 今ここにこうしてブログの記事を書き始めて気がついた。

でも、やっている時は何だか、ヒジョ~ゥに困った。彼の演奏に合わせてリズムを刻むにしても、彼のギターのフレーズの中のリズムが4拍子なのか、6拍子か、5拍子なのか分からないし、小節の概念も無いので、フィルの位置も決められない。

他のサポートメンバーもコードを付けられないからピアニストも困っていたし、ベーシストも、最低限コード進行決めてよ~って頼んでいた。

ドラムを叩かせても、彼のコンセプトは一貫していて、ハイハットを刻んで、キック、スネアを叩くというドラミングはしない。タムをハイハットのように刻んだり、刻み系は無しで要所で太鼓を叩くような、従来のドラムの叩き方に拘らない、むしろ拘って従来のドラムの叩き方はしない、と言う演奏だ。

まあ~ぁ、セッションしていたときはみんな困惑しながら演奏したが、こうやって冷静になって考えると、こういう音楽もアリかなと思えてきた。
_

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kareta.blog43.fc2.com/tb.php/803-2d41dda2

 | HOME | 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2 ブログ

算数力トレーナー

お花の通販

-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。