みんながブログをやっているので私も取りあえずブログを始めるか、と言うブログ。

  大津枯太の取りあえずブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> > 度小月擔仔麺  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

度小月擔仔麺

2010 - 06/02 [Wed]

今日は100年の歴史を誇るという擔仔麺のお店に行ってきました。ここで、食べて感じたことは私はやっぱり台湾の味覚にまだちょっと馴染めていないなぁと云う事。

ここはB級グルメのお店と違って、とことん味に拘って作っているお店です。なので、擔仔麺のスープも100年間変わらない味をキープして、台湾の人々に支持され、日本のグルメにも評価が高いお店です。

私も、擔仔麺のスープを美味しく飲み干しました。が、やっぱり味覚が違うなぁという事を感じてしまいます。

台湾料理には、基本香辛料にパクチー(香菜/読み:シャンツァイ)を使ってこの風味を作っていると今まで考えてきましたが、パクチー以外にも隠し味で肉料理には必ず使っている香辛料が別にあるのではないかと思えてきました。

今回、擔仔麺を頼んだら、「パクチーが入っていても良いか?」とお店の人に訊かれたので、「良いよ」と答えました。そしたらパクチーの刻みが麺の中に入っていたのですが、この味と、肉料理での風味と違うような気がしたのです。

ひょっとしたらパクチーをパウダーにしたのもと、葉のままの違いだけかもしれないけど、まだその味の解明は出来ていません。

台湾に来たらこの擔仔麺を一度味わってみてください。私はここで、一番人気の擔仔麺、二番人気の黄金蝦捲、四番人気の烤虱目魚肚を食べました。何番人気かはメニューに書いてありました。

蝦捲、焼き魚には添え物で、パセリが付いていましたが、普段は苦手なパセリが台湾料理の中で食べると何ともない味に感じます。という事で、台湾の風味はパセリの風味を取り込んでいる風味とも言えます。パクチーとパセリの風味が似ているのかもしれません。

という事で、回りくどい言い方でしたが、パセリが苦手な人はパクチーも苦手なような気がします。

このお店のメイン料理の擔仔麺は50元(約150円)で凄く安いです。有名店ですが、価格的にはリーズナブルです。お店の日本語のホームページはこちらです。台南市で商売を始めたようです。私は台北本店で食べました。鼎泰豊のすぐ近くでした。

おまけ:
擔仔麺にはスープ無バージョンもあります。注文の時、店員さんが麺のメニューを指差してスープかどうか訊かれて、この店員さんの言っている意味が分かりませんでした。で、適当に、う、うん、なんて頷いたらスープ入り擔仔麺が出てきました。

擔仔麺は、要はうどんのような物なので、スープ入りが当たり前と思っていたのですが、メニューを見直したらスープ無しも選べるようでした。しかし、100年間味をキープしているこのスープを飲まないとせっかくの度小月擔仔麺を味わう意味が無いと思います。

--

一昨日の話題の続き:
一昨日行ったロイヤルホストのホームページを見たら台湾店の事が書かれていなかったので、台湾のロイヤルホストは日本のロイヤルホストとは別企業という事かなぁ?名前だけ貸したのか、単に同じ名前を使っているのか分かりません。

っと、台湾で何食べようかと悩んでいる間に、日本では鳩山さんと小沢さんが辞任したようですね。これなら参議院の選挙も民主党がそこそこ行けるかも知れない。
_

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kareta.blog43.fc2.com/tb.php/827-6e3c41e1

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2 ブログ

算数力トレーナー

お花の通販

-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。