みんながブログをやっているので私も取りあえずブログを始めるか、と言うブログ。

  大津枯太の取りあえずブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 漢字 > 台湾の言葉  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾の言葉

2010 - 06/20 [Sun]

台湾の言葉を固有名詞でいう場合、気を使うと固有名詞は無いという事になる。

なんでかと言うと、中国語と言うと、中国(という国家)を嫌っている台湾人がいるので、中国と言う単語を使いにくいし、台湾では表記は繁体字を使っていて、中国で使っている簡体字ではないので、そういう違いからも中国語とも言い切れない。

では、台湾語と呼べば良いような気もするが、一般に今、台湾語と呼ぶ場合、古い世代が台湾で使っていた言葉をそう呼んで、現在台湾の学生が学校で習っている国語とは違う。

今台湾で使われている言葉は、国内では国語と呼んでいるそうだ。でも、海外の人たとえば、私が国語と呼んだら意味が通じない。日本にも国語はあるからね。

という事で、台湾で現在使われている言葉を呼称する時、ちょっと困ってしまう。

ところで、その台湾で使われている言葉を学習しようと思っているのだが、繁体字は日本の漢字と似ているが、発音は中国の北京で使われている発音に準じているという事だ。台湾の人と話をしていると、国語の事を中国語とは言わないが、北京語と呼称する場合もある。

で、その繁体字だが、字を見ただけでは発音できない。

そこで、発音記号の助けを借りることになる。発音記号は台湾では注音符号と呼ぶ。繁体字で書くと、注音符號。中国ではピンインと言う英語の発音記号に近い記号を使っている。

と言う事なので、私も、台湾で使われている注音符号から勉強しようかと思った。

日本の書店では注音符号の解説書は買えない。今回台湾に行ったので、本屋を回って簡単な注音符号の学習書を買ってきた。これ、幼児用なんですぅ(^^;)

まずは表紙、ミッキーとミニーが載っている。
注音符号1

これが注音符号の一覧、全部で37個。これを全て憶えれば台湾の言葉が喋れる?
注音符号2

中身。一例。書き順が分かる。
注音符号3

だが、肝心な実際の発音は紙では分からない。これが、iPadの書籍だったら発音まで対応していただろうなぁ、残念。と同時に iPad教科書の優位性を感じられる。

そこで、インターネットだ。このページで、これらの注音符号の発音の仕方がわかる。

こうやって調べてきて分かってきたんだけど、この、注音符号、日本で言えば、カナに相当するな、と思う。日本語でも、読めない漢字にはカナでルビを振ったりするけど、この注音記号はそのふりがなに準じた記載のされ方で書かれた幼児向けの本を台湾の本屋で見てきた。

ということで、台湾で使われている国語は、漢字ばかりでカナは無いと思ったが、実はカナに相当する表記があることが分かった。

この注音符号は台湾では幼稚園から小学校低学年までで習うようだ。

発音は憶えていて漢字が思い出せない時は、カナを書くように注音記号を書けば通じる可能性大だなと思った。
_

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kareta.blog43.fc2.com/tb.php/845-8d21efd9

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2 ブログ

算数力トレーナー

お花の通販

-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。